【現役美容師に聞いた!】レプロナイザー3Dプラスの口コミ|効果なし!はこんな人?

今話題のレプロナイザー3Dプラスは効果なし?ってホント?みんなの口コミは?現役美容師に聞いてみました!
MENU

【現役美容師に聞いた!】レプロナイザー3Dプラスの口コミ|効果なし!はこんな人?

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

使うだけでツヤツヤの髪を手に入れるだけでなく髪質まで変えてしまう、「美容師がこぞってすごいすごい!」と感嘆の言葉を連呼するドライヤー、レプロナイザー3Dプラス。

 

このドライヤーでブローしたビフォーアフターを見ると、たしかにすごくキレイにスタイリングされているのがわかります。

 

でも、そんな神業をやってのけるレプロナイザー3Dですが、効果なし?の人もいるのでしょうか?

 

現役美容師や実際に使っている人に効果のほどを聞いてみましたので参考にしてみてください。

 

 

*レプロナイザー3Dプラスの正規販売店はこちらからどうぞ

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

 

 

 

レプロナイザー3Dは効果なし?はこんな人!

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

独自のバイオプログラミング技術で、髪の細胞ひとつひとつに働きかけるドライヤー、レプロナイザー3D。

 

すばらしい効果を実感したレビューが次々とネットに上がりますが、そんな中まったく効果を感じられない人もいるようです。

 

レプロナイザー3Dの効果というのは具体的には以下の通りなのですが、

 

 

  • クセが落ち着きまとまりやすくなる
  • 手触りが良くなる
  • 髪にツヤ・ハリ・コシが出る

 

 

特に「クセが落ち着く」という効果がイマイチと感じている方が多いようです。

 

私も相当なクセ毛ですが、こちらのリュミエリーナ社のドライヤーを使ってかなりクセが緩和されたような気がします。ですから、もしかしたら使い方があまり良くないのかな?と思います。

 

手触りやツヤ・ハリなどは、使った人ほぼすべてが実感している効果なので、それは確かにすごいことですよね?

 

「魔法のドライヤー」の名に相応しい、堂々たる仕事ぶりは評価に値します(笑)。

 

 

 

 

レプロナイザー3Dの効果を感じられない人の特徴

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

公式サイトにはさまざまな使用ルールが設けられているのをご存知ですか?

 

実は私も知らなかったのですが、よくよく見てみると、結構重要なことが書いてありました。

 

まあルールっていうほど難しいものでもありませんが、レプロナイザー3Dの効果を感じられない人は以下を確認してみましょう。

 

 

  • 洗い流さないトリートメントや整髪剤について
  • 温風と冷風の使い分けについて

 

 

 

洗い流さないトリートメントをつけている?

まず、ドライヤーで乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけていませんか?

 

私はつけています。つけていても効果は感じますが、つけないほうがより感じられるのかもしれません。今日からはつけないでブローします(笑)。

 

 

温風と冷風をちゃんと使い分けてる?

そして、温風と冷風の使い分け、これがこのドライヤーの肝になるようですね。

 

使い分けないでずーっと温風ばかりだと効果は感じられません。

 

温風と冷風にはバイオプログラミング作用に違いがあるそうで、温風はおもに髪のうねりなどに、冷風はツヤに効果があるそうです。

 

レプロナイザー3Dには簡単に温冷の切り替えができるショットボタンがついていますので、こちらを駆使して再度チャレンジしてみましょう。

 

 

 

現役美容師S氏のチェックポイント

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

「クセの強い髪質の人には温風7割、冷風3割、ストレートの人には温冷1:1くらい」

 

 

と現役美容師の方が言っていました。あと、クセが強い人はストレートに憧れ、ストレートの人はクセ毛に憧れるのがセオリーだそうで、そのたびに「今のアナタの髪質で無問題。あとはカット技術でその毛質を生かしたヘアスタイルを提案します」と言って、カットとブローテクニックの伝授で支持を集めたそう。

 

 

今回のレプロナイザー3Dは髪質から改善できるので、本当にどうしようもないくらい大変なクセ毛の人は早めに使ったほうがラクですよ、と言っていました。

 

たしかに毎日30分も1時間もかけてブローしている人は時間と手間のコストが悪く、さらにドライヤーの熱で髪も傷んでしまいますが、レプロナイザー3Dなら短時間でまとまり髪も傷まず、まさに一石二鳥♪

 

「女性の細腕には少し重いかもしれませんが、慣れですよ!」とも。どうぞ参考になさってくださいね♪

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスの効果的な使い方!現役美容師が徹底解説!?

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

今回、レプロナイザー3Dプラスの効果的な使い方を教えて頂くために、久しぶりに知り合いの美容師さんに連絡を取ってみました。

 

一人は西麻布でIT企業や領事館に勤務されている外国人のヘアを担当しているオーナー美容師のY女史、もう一人は先ほども出てきた現在新潟在住、原宿の某有名美容室で店長を経験したのち、現在はフリーの美容師として2000人超えの顧客を持つS氏にお話を伺いました。

 

 

そして二人ともやはりレプロナイザー3Dはすでにお使いでした(さすがっ!)。

 

 

では早速、レプロナイザー3Dの効果的な使い方について解説いたします。

 

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスを使って美しい仕上がりへ【3ステップ】

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

「魔法の」とか「ミラクル」とか「世界照準」「今もっともアツイ」など、さまざまな壮大な形容詞がつくレプロナイザー3Dですが、水を差すようで申し訳ありませんが冷静にいえばドライヤーです。

 

この重くて大きいドライヤーを使って、美しい仕上がりにするためにコツがあるそうなのでご紹介しますね(笑)。

 

 

 

まず温風で8割ほど髪を乾かす
続いて頭皮へ冷風を当てる
最後に毛の流れに沿って、温風冷風を1:1の割合で繰り返し当てる

 

 

 

以上です。

 

細かく解説すると、まず最初にシャンプー後の濡れた髪を温風のみを使い8割くらい乾かします。その際、髪の中に指を通すようにして乾かします。

 

と、ここで、現役美容師から鋭いコメントが届きました。

 

 

【現役美容師S氏のコメント】

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

シャンプー後に必ずタオルドライしてね。

 

ビショビショのままドライヤー使い始めるアホはいないと思うけど。

 

で、タオルドライはワシャワシャと髪をこするのではなく、タオルをポンポンさせて髪の水気をタオルに吸い込ませるようなイメージで!

 

 

 

とのこと。若干の辛口トークはお許しください。

 

8割ほど髪が乾いたら、レプロナイザー3Dの切り替えスイッチで温風から冷風へ。そして地肌に冷風を当てます。最後に髪の流れに沿って指を髪に通しながら仕上げます。

 

 

【現役美容師S氏のコメント】

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

この時、温風と冷風を1:1の割合で繰り返し当てると、まるで絹のようなしなやかで艶のある仕上がりになります。

 

レプロナイザー3Dには温風から冷風にすぐに切り替えられるショットボタンがついています!

 

このボタンをしっかり活用してください!

 

 

 

 

と言っていました。ストレートの人はより艶つやに、くせ毛の人は外国人風のゆるフワを楽しめるそうですよ!

 

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスでリフトアップ効果を狙うには?

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

レプロナイザー3Dのバイオプログラミング効果により、顔のむくみが取れてスッキリしたフェイスラインを体現できるそうですが、やり方はいたってシンプル。

 

 

「冷風をあご先から頬にかけて、下から上に風を当てればいいだけ」

 

 

私も毎朝このテクニックを使いますが、たしかにスッキリしますよ。顔に冷風を当てたあとに化粧するとメイクのノリも良い気がします。

 

 

【現役美容師Y女史のコメント】

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

プラシーボ効果も少しはあるかもしれないけど、たしかに顔が引き締まって見えるよね。

 

ただ・・・

 

長くて数時間後には元に戻ってるからたるみの根本改善にはならないよ!

 

 

 

と正直に答えてくれました・・・ええ、わかってますとも、そんなこと…。

 

ただ、髪のセットをしたあとそのまま美顔器を使う要領で使えるので毎日しっかりたるみケアができるのは事実です。その後、Y女史と小1時間ほどラインで美容談議に花を咲かせたことは言うまでもありません(笑)。

 

 

 

現役美容師二人のお話だと、お客さまにレプロナイザー3Dを使ってブローするとサロンの床がツルツルになったり、ブラシの通りもすごく良くなるそうなんです!!これはちょっと驚きですよね。

 

「気」とか「波動」とか目に見えないものはどうしても胡散臭く感じてしまいますが、21世紀は逆に目に見えないものに焦点を当てる時代なのかもしれません。

 

とにかく誰が使っても効果を感じられるそうなので安心してくださいね!

 

 

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスの良い口コミと悪い口コミ?徹底分析

レプロナイザー3Dプラスの悪い口コミ

「商品自体はとっても良いものなのはサロンにて確認してから購入しました。届いたので、早速使おうとしたところ、風が出ない!内部が真っ赤に!中を覗くと目が痛い!私の使い方のミスかと思い説明書を読んでみたら、どうやら故障のよう。まだ何も試せてないのに!明日レプロナイザー側に確認と出品者様にも連絡しますが、お値打ちとはいえ高価な商品なので交換していただけることを信じています」

 

「正規販売ではない商品ですのでご注意ください。正規販売店のマークがありません」

 

 

(引用元:Amazonカスタマーレビュー)

 

 

Amazonでは、上記の2つしか悪い口コミはありませんでした。

 

やはり通販だと偽物だったり、故障した時の対応に不安が残りますよね…。

 

しかも決して安い買い物ではありませんので、ここは慎重に検討したほうが良さそうです。

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスの良い口コミ

「高くてさんざん悩みましたが、購入して良かったです。今までのドライヤーが安かったせいかもしれませんが、初日からサラサラツヤツヤになったのを実感できました。なによりアホ毛が立たないことに感動」

 

「とても満足です。髪に艶がでて、くせもでににくなってきました。温風と冷風をボタンひとつで交互にあてることができるのはとてもよいです」

 

 

(引用元:Amazonカスタマーレビュー)

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスの良い口コミと悪い口コミ《まとめ》

実際に購入した方たちの口コミなので信ぴょう性が高いですよね!やはり、高いけど買って満足している人が多いようです。

 

ただ、Amazonの場合はプロバー価格ではなく少し割引になっているので、本当に正規品なのか不安が残るところではあります。

 

少しでも安く買いたいけど、それなりの価格を出して偽物を買わされた日にはたまったものではありませんね。

 

発売して間もないため、まだ実際に使っている人が少ないですが、購入を検討している方もそうでない方も参考になさってください!

 

 

*レプロナイザー3Dプラスの正規品はこちらからどうぞ!

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスの偽物?楽天やAmazonでの購入はオススメしません!

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

前モデルのヘアビューザー2Dもそうでしたが、リュミエリーナ社の製品は「偽物」が出回っているようです。

 

バイオプログラミングなど目に見えない効果をうたっていますので、私たち一般消費者には本物か偽物かの区別がつきにくいんですよね。

 

メーカー認証正規販売店には、それとわかるマークがついていますし、リュミエリーナ認証番号もあるのでしっかり確認してから買いたいものです。

 

 

 

正規代理店から購入しているヘアサロンが楽天やAmazonで販売しているケースがありますが、これなら多少は安心?でしょう。ただ、故障した場合の保証を考えると、楽天やAmazonはリスクが伴います。

 

 

「今現在、Amazonでは10%オフくらいの値段で販売されていますが、税込41040円が35900円と5000円ほど安くなったところで大して嬉しくもないですよね?」

 

 

「え?嬉しい?」

 

 

そういう方は心臓に毛の生えたリスクに強い人ですから構わないと思いますが、私のように慎重で最悪のことのみ考えて購入するタイプの人には楽天やAmazonはおススメしません。

 

「いくら正規品でも」です。私たちはモノと一緒に安心感や満足感という付加価値を買っていますので、少しでも不安が残る買い物はしないほうが賢明だと思いますよ。

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスの価格の違い?

 

  正規販売店 Amazon 楽天

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

価格(税込) 41040円 35400円 38000円
送料 無料 無料 950円
保証期間 最長1年6ヶ月(サロン使用時の標準保証期間が6ヶ月で、一般家庭での使用時は「保証期間1年延長申請書」を提出するとメーカー保証期間が1年6ヶ月になる) なし なし
リュミエリーナ認証番号

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

*リュミエリーナ認証番号付きのレプロナイザー3Dプラスはこちら

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスとダイソンドライヤーを徹底比較してみました!

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

今、美容業界で注目のレプロナイザー3Dと、これまた家電業界で注目のダイソン、スーパーソニック。

 

とくにダイソンのスーパーソニックはテレビCMなどでも大々的にプロモーションを行っているので、美容家電に興味のない男性にも広く認知されていますよね!

 

一方、レプロナイザー3Dのほうは、有名美容室やカリスマ美容師の口コミで広がったアイテムで、これもまた時代を象徴するドライヤーなのではないでしょうか。

 

では今回は、そんな注目の2大ドライヤーを徹底比較してみたいと思います!

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスとダイソンドライヤーのスペックの比較から!

????????
  レプロナイザー3Dプラス ダイソンスーパーソニック
会社名 株式会社リュミエリーナ ダイソン株式会社
価格(税込) \41,040 \48,600
特長
  • 髪をダメージから守る
  • 使うほどの髪うるおう
  • 髪を美しく
  • 温風を毎秒20回測定し一定の温度を保つ
  • パワフルな風
  • アタッチメントが熱くならない
温風温度 110度 78度
重量 722g 618g
メーカー保証 6カ月(一般家庭での使用の場合は保証延長制度あり) 2年間
販売店

>>正規販売店<<

>>公式サイト<<

 

 

 

髪を乾かすだけならダイソンのスーパーソニックが早い?

ダイソンのスーパーソニックは、とにかくその風量が度肝を抜いてすごいです(笑)。

 

アメリカという国はとにかく中途半端がキライですよね〜。ダイソンのスーパーソニックを見る限り、誰よりも早く、そして誰よりもキレイに髪を乾かしたかったんだろうな、という印象を受けます(笑)。

 

ただし、そこはアメリカ、繊細さは日本のレプロナイザー3Dには負けますね。

 

 

 

レプロナイザー3Dは、よりきめ細かな美しさと言いますか、爆風のような温風でただ乾かすのではなく、キューティクルを整えて手触りを良くしたり、しっとりうるおいのある髪を実現したり、自然にまとまる髪質を目指したり、着目点がより「美」寄りなんですよね。

 

髪を乾かすというドライヤー本来のお仕事でいえば、ダイソンのスーパーソニックに軍配が上がりますが、乾かしながら美髪を目指すなら、レプロナイザー3Dがおススメですね!

 

 

 

髪へのダメージは?髪に優しいドライヤーはどっち?

これも一概には言えませんが、やはりレプロナイザー3Dのバイオプログラミング効果はスゴイと思います。

 

だって、ある美容師さんの話だと、レプロナイザー3Dやその前モデルのヘアビューザーで髪を乾かすと、髪だけでなく、床もツルツルになるんだとか!

 

目に見えないテクノロジーなので、まるで魔法みたいですが事実のようです。

 

 

 

ダイソンのスーパーソニックもかなり計算されたドライヤーなので、高温による髪のダメージについては考え抜かれているようですが、しかし、どちらかというとデザイン重視というか、髪のケアという部分は少し疑問が残るのもたしか。

 

これまでのドライヤーの常識を覆す、というのは、ただデザインを斬新にしたということにとどまっているような気がします。

 

髪は女の命、という日本の美意識からすると、髪質や髪の色からしてもレプロナイザー3Dの美髪効果は特筆すべき点が多いかと思います。

 

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスのまとめ

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

レプロナイザー3Dプラスのメリット

  • クセがおさまる!
  • 潤いやツヤが出る!
  • ハリコシが出る!
  • 手触りが良くなる!
  • お肌がリフトアップする!
  • 素早く乾かせる!

 

レプロナイザー3Dプラスのデメリット

  • ドライヤーにしては値段が高い
  • 普通のドライヤーより少し重量がある

 

 

 

 

 

レプロナイザー3Dプラスをオススメする人

  • 髪のダメージが気になる・・・
  • クセでまとまりにくい・・・
  • 触った感じがパサついて潤いがない・・・
  • ハリやコシがない・・・
  • 頭皮の乾燥が気になる・・・
  • 乾かすのに時間がかかる・・・

 

レプロナイザー3Dプラスをオススメしない人

  • ドライヤーにお金をかけたくない
  • 今の髪に満足している
  • 腕力がなさすぎる

 

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

*1年6ヵ月の保証付きのレプロナイザー3Dプラスはこちらから

レプロナイザー3Dプラス,口コミ

 

 

 

 

このページの先頭へ