MENU

レプロナイザー3Dとヘアビューザーの違いは?徹底的に比較してみました!

レプロナイザー3Dプラス ヘアビューザー2D,違い

 

 

今回は同じ会社のドライヤー2台を比較してみたいと思います!

 

ヘアビューザーはレプロナイザー3Dの前モデルとして、かなり人気の高いドライヤーでした。

 

高額でしたが、普通の一般家庭にもバカ売れしたのですが、理由は多分、口コミとカリスマ美容師の強力プッシュの影響なのではないかと思われます。

 

私も最初にこのドライヤーの話を聞いた時、「は?特定の波動と波長の組み合わせ?え、何の話?」と、大量のクエスチョンマークが頭の中を駆け巡ったわけですが(笑)、まあ実際に使ってみて納得した次第です。

 

 

「とにかく、髪の手触りが変わるのです!これには驚きました!!!」

 

 

ドライヤー自体は重いし、風も普通の温風と冷風だし、これで本当に髪質改善できるの?思いましたが、本当に本当に髪質が変わっていったんですからビックリです。

 

私はもう手放せません!!ということで、今回はリュミエリーナ社のドライヤー2つを徹底比較してみたいと思います!

 

 

 

 

レプロナイザー3Dとヘアビューザー2Dをスペックや価格で徹底比較!

  レプロナイザー3Dプラス ヘアビューザー2D plus
会社名 株式会社リュミエリーナ 株式会社リュミエリーナ
価格(税抜) 38000円 33000円
特長
  • 髪をダメージから守る
  • 使うほどの髪うるおう
  • 髪を美しく
  • 髪をダメージから守る
  • 使うほどの髪うるおう
  • 髪を美しく
温風温度 110度 110度
重量 722g 704.5g
メーカー保証 6カ月(一般家庭での使用の場合は保証延長制度あり) 6カ月(一般家庭での使用の場合は保証延長制度あり)

 

 

 

すみません、ほとんど同じですね。違いは、値段と重さ、くらいでしょうか(笑)。

 

値段が安くて軽いなら、ヘアビューザー2Dのほうが良いじゃん!とお思いのアナタ。

 

 

「はっきり言います!はい、その通りです。」

 

 

と言い切ってしまっては終わりなので補足しますと、メーカー側のお話では「風量が強くなった」そうです。

 

これは髪の量が多い人や、美容師さんなどプロの方には嬉しい改新ですよね。

 

 

 

速乾性はレプロナイザー3Dの勝利?

風量が強くなったわけですから、当然、髪を乾かす速度も早まります。

 

髪の量が多い女性やロングヘアの方、忙しくて1分でも早く髪を乾かしたい方などはレプロナイザー3Dが威力を発揮するでしょう。

 

 

バイオプログラミング技術は変わりませんので、温風と冷風を切り替えて髪にツヤを与えたり、キューティクルを引き締めたりといった美髪効果も変わりません。

 

まあ、今回のレプロナイザー3Dの発売は、メーカー曰く「世界を見据えたワールドワイドなモデルチェンジ」ということなので、日本女性の髪だけでなく、世界各国の女性も視野に入れているようですね。

 

 

髪へのやさしさ、リフトアップ効果は?

こちらも正直言ってほとんど変わりません。レプロナイザー3Dの風量が強くなった分、冷風を顔に当てればよりリフトアップ効果は期待できるかもしれませんが、まあ結果は微小な違いだけでしょう。

 

あ、もうひとつ、大きな違いを発見しました!

 

色とデザインが大きく変わりました。黒から白へ、重さはやや重くなって。

 

う〜ん、考えれば考えるほど、今回のモデルチェンジが意味不明で困惑してしまいます。

 

多分、私だけでなく多くのヘアビューザーユーザーが同じことを考えているような気がします。

 

ただ、モノは本当に良いモノなので、興味のある方は是非お試しください。

 

 

 

レプロナイザー3Dとヘアビューザーの違い《まとめ》

はっきり言って、あまり違いがないのですが、とにかく素晴らしいドライヤーということは間違いないですのでご安心ください(笑)。

 

ただ、とにかく重いんですよね、このドライヤー。

 

ユーザーの一人として希望を申し上げるとすれば、もう少し軽くしてほしい。もしくは、テーブルの上において両手で髪を乾かせるように専用の台を作ってほしい。

 

そんなことを思いながら、今日もヘアビューザーでお手入れしている今日この頃でした!

 

 

*ヘアビューザー?レプロナイザー3D?どっち?

レプロナイザー3Dプラス ヘアビューザー2D,違い

 

 

 

このページの先頭へ