MENU

レプロナイザー3Dのリフトアップ効果は?やり方は?

レプロナイザー3Dプラス,リフトアップ効果

 

 

美容業界で話題騒然、乾かしながら髪のクセも改善できる魔法のドライヤー「レプロナイザー3D」。

 

このレプロナイザー3Dは、単に髪を乾かすだけでなく、なんと顔のリフトアップ効果まで期待できちゃうっていうんだからすごいドライヤーですよね♪

 

今回は、レプロナイザー3Dがどうしてリフトアップ効果まで期待できるのか、そのメカニズムを詳しくご説明するとともに、やり方や注意点などを解説していきたいと思います。

 

とくに朝、顔がむくみやすい人はレプロナイザー3Dでスッキリ小顔を目指しちゃってくださいね!

 

 

 

レプロナイザー3Dのリフトアップ効果って?

レプロナイザー3Dプラス,リフトアップ効果

 

 

ドライヤーなのに美顔器のような働きもあるレプロナイザー3Dですが、一体全体どうしてそんなことが出来るのでしょうか?

 

このドライヤーが搭載している機能、バイオプログラミングという技術がリフトアップにも効果をもたらすといわれています。

 

バイオプログラミングと言われても普通はよくわかりませんよね?

 

実際、メーカーのサイトで調べてみたところ、

 

 

「特定の波動と波長の組み合わせで物質がエネルギーと情報の場を持つようにプログラミングする、最先端の独自技術」

 

 

とのこと。え?ちょっと何言ってるのかよくわかんない。多分、この記事を読んでくださっている全員がそう思ったことでしょう。

 

この文章をもう少しわかりやすくかみ砕いて説明すると、遠赤外線によって髪や肌の分子および遺伝子を活性化させる、っていうことです。

 

 

 

コスメでもよく「遺伝子レベルで肌を活性化」なんて言い回しをしますが、このドライヤーは風を遠赤外線にかえて髪や肌に直接あてることにより、その部分の分子や遺伝子を活性化させ、気になる悩みに働きかける、ってことなんです。

 

実は、遺伝子というのはもともと時間とともに老化していくという情報をプログラミングされているので、年齢とともにたるみやシワが気になるようになるのですが、それを食い止めたり時間を逆戻りさせたりすることを「遺伝子レベルでのケア」と言ったりします。

 

 

同様に、レプロナイザー3Dがいっているのは、バイオプログラミング技術により、遺伝子レベルで髪や肌のケアをしますよ、ということなんですね。

 

つまり、冷風を顔に当てると、遺伝子レベルで老化を食い止め肌にハリをもたらす効果が期待できますよ、と言っているわけです。

 

 

 

レプロナイザー3Dでのリフトアップのやり方?

レプロナイザー3Dプラス,リフトアップ効果

 

 

では実際、どのようにリフトアップさせていけば良いのでしょうか?

 

やり方はとても簡単。

 

 

「レプロナイザー3Dの風を冷風に切り替え、風を直接顔に当てるだけです!」

 

 

この時、とくにマッサージをしたり、顔に何か美容液のようなものを塗る必要はありません。ただただレプロナイザー3Dの冷風を顔に当てればいいだけです。

 

これで本当にリフトアップするの?とお思いでしょう。私も実際、半信半疑でした。

 

 

でも、やってみると本当に肌にハリが出て、少し肌がピンっと上向きになるような気がしましたよ。手触りもなめらかになり、スベスベでずーっと触っていたくなる肌になります。

 

 

これって本当に女性にとっては嬉しい効果ですよね!

 

また、髪を乾かすのは毎日のルーティンですから、そのついでに美顔器ケアができるとなると、これまで三日坊主だった人も必ず続けることが出来ると思います。

 

いちいち美顔器を出してセットするのが面倒だから続かなくなるんですよね。

 

その手間が一切かからないので、かなり効果的に美髪&美顔ケアが出来ちゃいます♪

 

 

 

レプロナイザー3Dのリフトアップ効果&やり方《まとめ》

レプロナイザー3Dは普通のドライヤーにはない、かなり魅力的な使い方ができますよね!

 

ドライヤー単体で考えるとお値段もいいしちょっと考えちゃいますが、肌のリフトアップやエイジングケアもできるのであれば、むしろお手頃かもしれません。

 

 

気をつけて頂きたいのは、温風を顔に当てると確実に乾燥しますので、必ず冷風を使うようにしてくださいね。

 

 

冬はちょっと寒いかもしれませんが、朝のむくんだ顔には効果てきめんなはずですから、ぜひぜひ使ってみてください♪

 

 

 

 

このページの先頭へ